• hkytara

April is Diversity Month!

April is Diversity Month. Diversity, Equity, and Inclusion committee @ North American Vascular Biology Organization (NAVBO), on which Hiromi serves as a committee member, has just published an article on "Embracing Diversity, Equity, and Inclusion in the Scientific Community."


4月はダイバーシティマンスです。北米血管生物学会のDiversity, Equity, and Inclusion (DEI)コミッティーでは、研究者のコミュニティーにおけるダイバーシティー問題を取り上げてきました。その取り組みが、ダイバーシティーに関する論文として本日掲載になりました。 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fcvm.2022.863256/full?&utm_source=Email_to_authors_&utm_medium=Email&utm_content=T1_11.5e1_author&utm_campaign=Email_publication&field=&journalName=Frontiers_in_Cardiovascular_Medicine&id=863256


閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

HBP学位プログラムのKarina が2021年5月に、Yen が2022年1月に博士学位最終審査に合格しました。おめでとうございます! We are happy to announce that Karina and Yen, who belong to the Ph.D. Program in Human Biology, successfully defended their dissert

木村助教の、骨修復において幹細胞が働くメカニズムを解明した論文が発表されました。 Congrats Ken! His paper that elucidates the mechanism by which stem cells work in bone repair has been published. 論文はこちら Link to the paper → https://www.scienc

柳沢と東京医大横山先生が共同執筆した、細胞外マトリクス(弾性線維)の発生期の役割と 生後退縮する動脈管や臍帯動脈のリモデリング、大動脈の力学的環境とシグナル伝達に重要な働きをするElastin-contractile units の異常によって生じる大動脈瘤などをレビューした論文が掲載されました。 A review article written by Hiromi and Utako Yokoy